Re:fine

ニュース

トップ > ニュース > 月別: 2019年4月

ハラスメント規制法案衆院通過 規制強化、今国会成立へ

職場のハラスメント対策を強化し、働く女性の活躍推進を中小企業に拡大する政府提出の女性活躍・ハラスメント規制法案は25日の衆院本会議で、自民党公明党立憲民主党国民民主党などの賛成多数で可決、衆院を通過した。今国会で成立する公算が大きい。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000144-kyodonews-pol

 

Refineより~ハラスメントに対する企業への対策の義務付けが必須となります。窓口の設置や社内での研修で予防・対策を行い、従業員の理解を深め、意識を変えていくことが大事です。職場環境を改善し、従業員が働き続けられる企業にしていくことで、従業員も企業も輝くことができるのです。

高1自殺と教諭の指導との因果関係認めず 母親が“パワハラ”原因と訴えた裁判 札幌地裁 北海道

6年前、札幌の道立高校の男子生徒が自殺をしたのは部活の顧問によるパワハラが原因だとして、男子生徒の母親が道に損害賠償を求めた裁判で、25日、札幌地裁は判決で原告の主張を退けました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000013-hbcv-hok

女性記者が長崎市を提訴 「部長から性暴力を受けた」

長崎市の男性部長(故人)から性暴力を受けたという報道機関の女性記者が25日、市に約3500万円の損害賠償と謝罪を求めて長崎地裁に提訴した。取材過程で性暴力がふるわれたほか、市の他の幹部が虚偽の話を広めたにもかかわらず、市が対策を怠ったために記者の名誉も傷つけられたなどと主張しており、弁護側は「報道の自由が侵害された」と訴えている。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000071-asahi-soci

農研機構前部長をセクハラで懲戒解雇 入札情報の一部漏えいも

取引先の女性社員にセクハラ行為などをしたとして、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、本部・茨城県つくば市)は24日、木下光明・前生物系特定産業技術研究支援センター新技術開発部長(56)を同日付で懲戒解雇したと発表した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000065-mai-soci

教え子にわいせつ 県立高教諭懲戒免 静岡

県教育委員会は23日、顧問を務める部活動の女子部員にわいせつな行為をしたとして県立高校の30代の男性教諭を免職の懲戒処分とした。このほか、コンビニに客が置き忘れた財布から現金を抜き取ったとして小学校の男性教諭(38)を停職3カ月、交通事故で女性にけがを負わせたとして中学校の男性教諭(58)を戒告の懲戒処分とした。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000000-san-l22

名大大学院医学系研究科の准教授 ハラスメントで懲戒処分

名古屋大学は、同僚に対しパワハラやセクハラをしたとして、大学院医学系研究科の男性准教授を出勤停止15日間の懲戒処分にしました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00011400-cbcv-soci

「閉鎖的、逃げ場なく」薬局で「パワハラ自殺」遺族提訴へ 大阪

大阪府吹田市の薬局に勤めていた女性が2016年に自殺したのは、社長や上司らによるパワーハラスメントが原因だとして、遺族が月内にも、運営会社や社長らに計約8800万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こす。中小企業では、ハラスメントの相談窓口の設置や問題への対応が遅れていると指摘されており、遺族側は「閉鎖的な空間でパワハラが横行し、精神的に追い詰められた」と訴えている。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000006-mai-soci

北九州市の元非常勤職員自殺、慰謝料請求を棄却

2015年に北九州市の元非常勤職員森下佳奈さん(当時27歳)が自殺したのは上司のパワハラなどが原因だったにもかかわらず、非常勤を理由に労災補償の請求権を認めないのは違法として、両親が同市に計160万円の慰謝料を求めた訴訟で、福岡地裁(鈴木博裁判長)は19日、請求を棄却する判決を言い渡した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00050172-yom-soci

北九州市の元非常勤職員自殺、慰謝料請求を棄却

2015年に北九州市の元非常勤職員森下佳奈さん(当時27歳)が自殺したのは上司のパワハラなどが原因だったにもかかわらず、非常勤を理由に労災補償の請求権を認めないのは違法として、両親が同市に計160万円の慰謝料を求めた訴訟で、福岡地裁(鈴木博裁判長)は19日、請求を棄却する判決を言い渡した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00050172-yom-soci

厚労相もセクハラ研修「受講を」 「権力者気を付けて」と野党要請

根本匠厚生労働相は17日の衆院厚労委員会で、中央省庁が昨年始めた幹部職員対象のセクハラ防止研修を受けていないことを明らかにした。閣僚ら政務三役は受講を義務付けられていないが、女性活躍・ハラスメント規制法案の審議中で、野党は「責任者なので研修を受けるべきだ」と指摘した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000122-kyodonews-pol

 

Refineより~マタハラ・セクハラ対策を行うことが事業主に義務付けされ、2020年にはパワハラ対策も義務として法制化される予定です。研修を受け、ハラスメントに対しての知識と理解を深めることは有効な対策方法であり、対策を進める第一歩です。