Re:fine

ニュース

トップ > ニュース > 月別: 2019年3月

パワハラ係長に懲戒処分 滋賀県で初認定、被害の部下2カ月休職

部下にパワーハラスメントをしたとして、滋賀県は28日、健康医療福祉部の50歳代の男性係長を戒告の懲戒処分とした。県が職員のパワハラを認定したのは初めて。また、業務中に上司に暴力を振るったとして県立高等技術専門校(草津市)の男性職業訓練指導員(38)を停職1カ月とした。
県人事課によると、係長は昨年6~10月、部下の言動や振る舞いを侮辱して「やばい」を意味する「やばちゃん」、挙動不審の意味の「きょどちゃん」と呼ぶパワハラ行為をしたほか、突き放した対応や圧迫感のある指導をした、という。部下は精神疾患で約2カ月休職した。所属長ら管理監督者2人も厳重口頭注意とした。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000000-kyt-soci

忘年会で女性職員の体を触るセクハラ行為 50代男性職員を停職1か月の懲戒処分 三重・四日市市

三重県四日市市の上下水道局に勤める次長級の男性職員(50代)が、職場の忘年会で同席した女性職員の体を触ったとして、停職1か月の懲戒処分を受けました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00010002-sp_ctv-l24

大林組社員に過労死認定 ラオスの発電所工事で現場監督

ゼネコン大手・大林組(東京)の男性社員(当時49)が脳疾患で突然死したのは長時間労働による過労が原因だとして、三田労働基準監督署(東京)が18日付で労災認定した。遺族の代理人弁護士が27日に記者会見して明らかにした。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000100-asahi-soci

<若葉消防署セクハラ問題>処分消防士は飲酒監督者 不祥事予防のはずが… 責任署長は横滑り異動

昨年9月に若葉消防署の送別会で起きた女性職員へのセクハラ問題で、千葉市消防局は26日、処分された男性消防士が送別会の管理監督を任されていたにもかかわらず、セクハラ行為を行っていたことを明らかにした。同消防署は問題発覚以降、職場を挙げての飲み会を禁止。新年度から不祥事防止策検討委がまとめた対策に取り組むが、不祥事撲滅は実現できるのか-

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00010004-chibatopi-l12

 

Re:fineより~研修を受け、職員の飲酒時のルールを独自に設定していたにも関わらず、リーダー格の人がセクハラ行為を行ったとのこと。研修はただ受ければいいというものではなく、受けて「理解」することが重要。色々な角度から物事を客観的に見て、様々な人の立場になって考えられるようになることが必要です。そして、人の記憶は風化するもの。定期的に研修を受けることも予防を続けることの秘策でもあるかと思います。

「本当に壊れちゃう」過労死したスーパー店員が出したSOSの意味 日本にはびこる「サービス残業」の闇

来月から労働時間をめぐるルールが大きく変わります。これまでは労使で取り決めを結べば無制限で残業する(させる)ことが可能でしたが、4月からは残業時間に上限が設けられます。では、このルールが実施されれば過労死ゼロが実現できるのでしょうか。残念ながら、私はそう考えていません。最大の理由は、日本の職場には「サービス残業」という悪しき習慣がはびこっているからです。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000004-withnews-soci&p=1

産科の看護師9人が一斉に妊娠 米メーン州の病院

(CNN)米北東部メーン州ポートランドの病院で産科の看護師9人が一斉に妊娠し、まもなく出産を迎えることが分かった。病院は25日、ソーシャルメディアを通して「ベビーブーム」の到来を発表した。

看護師らは4~7月に出産する予定。病院が投稿した写真には、9人のうち8人の妊婦が笑顔で登場している。

http://news.livedoor.com/article/detail/16219795/

 

Re:fineより~海外のニュースですが、素晴らしい記事です。妊娠したことでお互いが助け合える、「対応策はできている」という職場の答えなど、「マタハラ」という言葉はここにはありません。働き続けられる職場というのはこんな職場なのではないでしょうか。

協力隊パワハラ和解 南伊勢町が50万円支払い

三重県の南伊勢町で地域おこし協力隊員として就労中に職員からパワーハラスメント(パワハラ)を受けて適応障害になったなどとして、元隊員で京都市在住の30代女性が慰謝料など約312万円の損害賠償を求めた民事訴訟は25日、津地裁(鈴木幸男裁判長)で和解が成立した。町は和解金として原告女性に50万円を支払うことに合意した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000201-isenp-l24

読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ

読売新聞グループ本社は23日、富山支局の男性記者(32)が今月1日に富山市内で開かれた報道各社の懇親会で、他社の女性記者にセクハラ行為をしていたと発表した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000048-mai-soci

38歳男性教師が同僚女性教師にLINEで性的な質問 パワハラ発言もし懲戒処分「冗談で言った」

岐阜県の特別支援学校の男性教師が、同僚の女性教師にLINEで性的なメッセージを送るセクハラなどをしたとして停職2か月の懲戒処分を受けました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00021470-tokaiv-l21

京大職員が女子学生にセクハラ 停職2カ月

京都大は20日、女子学生にセクハラ行為をしたとして、50代の男性事務職員を21日から停職2カ月の懲戒処分とした、と発表した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000025-kyt-l26