Re:fine

ニュース

トップ > ニュース > 月別: 2019年1月

埼玉の消防司令、2回目の停職 部下に暴力、昨年も処分

埼玉県川口市消防局は31日、仕事でミスをした部下の男性を殴ったとして、南消防署南平分署の男性消防司令(45)を停職6カ月の懲戒処分とした。消防司令は昨年7月にも、職場の懇親会で女性職員2人に抱きつくなどのセクハラ行為をしたり、別の男性職員に平手打ちをしたりしたとして停職1カ月となっていた。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000079-kyodonews-soci

セクハラにアカハラ…首都大学東京52歳教授が停職

首都大学東京が30日、女子学生に抱擁を求め、密着して写真撮影などを行ったことなどで24日付で停職3カ月の処分を下した、健康福祉学部の52歳の男性教授が、複数の女子学生にセクシュアル・ハラスメントに該当する行為を行っていたことが分かった。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00464378-nksports-soci

 

 

小6女児が県・教師ら提訴 「わいせつ受けPTSD、不登校に」

男性教師にセクハラを受け、不登校になったとして、小学6年の女子児童とその両親が男性教師や県などに対して、およそ1,000万円の損害賠償を求める訴えを千葉地裁に起こした。

女子児童は、小学5年生だった2018年2月、1人で掃除当番をしていた際、男性教師(30代)に複数回にわたって服の中に手を入れられ、胸を触られたという。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190130-00410892-fnn-soci

海自艦での自殺「パワハラ」認定 当時の艦長ら停職処分

海上自衛隊横須賀基地(神奈川県)の補給艦「ときわ」で男性3等海尉(当時32)が自殺した問題で、海自は29日、3尉へパワハラ行為をしたなどとして、当時の艦長高木征教(ゆきのり)2等海佐(54)を停職30日、上官の男性3等海佐(40代)と男性1等海尉(40代)を停職20日の懲戒処分とした。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000108-asahi-soci

女性職員に「笑顔と髪の毛がすてき」 兵庫県警伊丹署長をセクハラ行為で処分

兵庫県警は29日、女性職員にセクハラ行為をしたとして、伊丹署長(58)を本部長注意処分とした。

県警や関係者によると、署長は2018年11月から約1カ月間、女性職員と2人きりになった際に「かわいいね」「笑顔と髪の毛がすてき」などと話し掛けたり、4~5回にわたって女性を食事に誘ったりした。うち2回は実際に2人で食事に行ったという。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000027-kobenext-l28

男性講師、女子学生にミニスカート着用を指示

広島大は25日、女子学生にミニスカートを着るよう指示するなどのセクハラがあったとして、大学院教育学研究科の50歳代の男性講師を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00050019-yom-soci

パワハラで2等海曹を減給処分 護衛艦「あたご」

海上自衛隊の護衛艦「あたご」の男性隊員が、部下に暴言を吐くなどのパワハラをしたとして減給処分になりました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00020448-asahibcv-l26

ばか呼ばわり、にらみつけ、あいさつ無視…嵐山町、パワハラで課長を処分 精神的な苦痛、部下3人が休職

埼玉県嵐山町は21日、部下の職員3人に暴言や威圧的な行為、侮辱、無視などの行為を繰り返し行ったとして、50代の男性課長を停職3カ月の懲戒処分にした、と発表した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010008-saitama-l11

パワハラで部下自殺 59歳静岡県職員を減給処分

県は18日、暴言を吐くなどのパワハラで部下を自殺に追い込んだとして、県交通基盤部の課長級の男性職員(59)を同日付で減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。県がパワハラを認定して懲戒処分を科したのは今回が初めて。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000066-san-l22

「愛人やろもん」長崎新聞社長が性的言動 会社側、セクハラ否定

長崎新聞社(長崎市)の徳永英彦社長(59)が昨年11月、長崎市内の懇親会で部下の女性に性的な言動をしていたことが分かった。同社は「言動は不適切だが女性に被害者感情がない」としてセクハラには当たらないと判断、処分はしていない。徳永氏は昨年12月、常務から社長に就任した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010001-nishinpc-soci