Re:fine

ニュース

トップ > ニュース > 月別: 2018年10月

飲み会で同僚女性の足広げ…元警部補2人に有罪

職場の飲み会で同僚の女性警察官にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われた福岡県警留置管理課の元警部補、於保(おほ)重信(59)、同、枝尾光博(58)両被告(いずれも依願退職)に対し、福岡地裁は31日、於保被告に懲役1年4月、執行猶予3年、枝尾被告に懲役1年6月、執行猶予3年(ともに求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。両被告は無罪を主張したが、太田寅彦裁判長は強制わいせつ罪の成立を認めた。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00050066-yom-soci

【バカリズムの新設ハラスメント大辞典】という番組が放送されました。

2週にわたり、ハラスメントについての番組がテレビ東京で放送されました。

バカリズムさんが、扱いずらいハラスメントについて楽しくお話していました。

ハラスメントが題材のドラマが放送されたりと、身近になっております。

もっともっと、ハラスメント対策は当たり前の時代になって欲しいと思います。

 

https://www.tvq.co.jp/harassment-daijiten/

茨城県 セクハラ懲戒の元厚労省局長を顧問に 「それを上回るメリットある」

茨城県が1日付で、厚生労働省の元健康局長、福田祐典氏を健康福祉部の顧問として採用していたことが27日、分かった。同日あった定例記者会見で、大井川和彦知事が記者の質問に答える形で明らかにした。福田氏は今年4月、女性職員にセクハラメールを送ったとして戒告の懲戒処分を受け、同7月に厚労省を退職した。大井川知事は「処分は認識していたが、それを上回るメリットが(県に)ある」と述べた。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000013-mai-soci

パワハラ・セクハラ繰り返し懲戒免職 日野市立病院の男性職員

東京・日野市立病院の男性職員が、パワハラやセクハラを繰り返していたとして、懲戒免職になりました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00010002-tokyomxv-soci

米グーグル、セクハラで48人解雇 うち13人は幹部

米IT大手のグーグルが、セクシュアルハラスメントで過去2年間に48人を解雇していたことが25日、明らかになった。うち13人は幹部だという。スンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)が同日、社員にあてた電子メールで内容を明かし、セクハラ防止に全力をあげる考えを示した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000090-asahi-int

<セクハラ疑惑>みなかみ前町長を書類送検へ 群馬県警

◇強制わいせつ容疑で

群馬県みなかみ町の前田善成前町長(51)が、町内にある団体の女性職員から強制わいせつ容疑で被害届を出された問題で、県警は24日にも、前田氏を強制わいせつ容疑で書類送検することが関係者への取材で判明した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000025-mai-soci

<静岡>男性教諭が同僚5人にセクハラ行為 県教委が処分

静岡県教育委員会は18日、同僚にセクハラ行為をしたとして、県立特別支援学校の男性教諭(31)を停職2カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性教諭は同日、依願退職した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000020-mai-soci

「死んだほうがましですか」壮絶パワハラで女性自殺 「現代版の奴隷制度」で社長提訴

アニメや漫画、ゲーム業界の求人サイトを運営する「ビ・ハイア」で働いていた女性(当時30)が自殺したのは、社長のパワハラが原因だとして、女性の遺族と元従業員2人が同社と社長に損害賠償と未払い賃金など計約8864万円の支払いを求める訴訟を10月17日、東京地裁に起こした。

 

https://this.kiji.is/425281836307498081

太もも触るなどのセクハラ訴えられた川越市議が辞職 議会運営に支障、体調も衰え「いったん休む」

埼玉県川越市の30代女性職員から「太ももを触られるなどセクハラを受けた」と訴えられていた市議(68)が12日、小野沢康弘議長に「一身上の都合」とする辞職届を提出し、同日許可された。辞職届は11日付。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00010001-saitama-l11

アイドル自殺「パワハラ原因」、遺族が損賠提訴

愛媛県を拠点にアイドルグループで活動し、今年3月に自殺した大本萌景(ほのか)さん(当時16歳)の母親らが12日、自殺は過重労働やパワーハラスメントが原因として、所属していた芸能事務所などを相手取り、慰謝料など約9200万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴した。事務所側は「パワハラはなかった」と反論している。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00050033-yom-soci