Re:fine

ニュース

トップ > ニュース > 月別: 2018年5月

同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト

愛する人との生活は幸せだ。でも、それを公表できない人もいる。例えば、同性同士で暮らす人。残念ながら、偏見を持つ人は今もいる。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00010002-bfj-soci

ケーズデンキに賠償命令=パート女性自殺「精神的苦痛」―大津地裁

大津市の家電量販店に勤務していたパート従業員の女性=当時(49)=が自殺したのはパワハラが原因だとして、遺族が「関西ケーズデンキ」(大阪市)と当時の店長に計約7000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、大津地裁であった。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000065-jij-soci

医療・福祉職員、3人に1人がセクハラなど嫌がらせ受ける

病院などで働く医療・福祉職員の約3人に1人が、職場でセクハラなど何らかのハラスメント(嫌がらせ)を受けたことがあることが、日本医療労働組合連合会の調査でわかった。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00050006-yomidr-soci

被害者の痛みを知っているか。日本初のセクハラ訴訟、渦中にいた弁護士がいま問いかけること

昭和から平成へ元号が変わった29年前、「セクシュアル・ハラスメント」という言葉が流行語大賞(新語部門)になった。

この年の夏、日本で初めてセクハラ被害をめぐって法廷で争った裁判が起こされ、一気に世間の注目を集めたためだ。

いま、平成は終わりを迎えようとしている。セクハラは馴染みのない新しい言葉ではなくなり、ハリウッドに端を発した「#MeToo」ムーブメントが熱を帯びる。

社会は変わったのか。1989年の裁判で代理人を務めた角田由紀子弁護士は「セクハラという言葉は広まったけれど、その中身はどれだけ理解されているのか」と疑問を呈す。

 

https://www.buzzfeed.com/jp/saoriibuki/yukiko-tsunoda?bffbjapan&utm_term=.vjzMPDaM7Q#.ddzrzwvrGx

福田前次官のセクハラ行為、財務大臣として認定=麻生財務相

[東京 15日 ロイター] – 麻生太郎財務相は15日の閣議後会見で、辞任した福田淳一前事務次官のセクハラ行為について「大臣としてセクハラ行為を認定したと考えていただいて差し支えない」と発言した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000025-reut-asia

セクハラ・パワハラでコーチ処分 山梨県アーチェリー協会

山梨県アーチェリー協会の男性コーチが、指導していた高校生に対するセクハラなどで処分されていたことがわかった。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00031088-houdouk-soci

セクハラを考える、女性社員50%で業績最高益のカゴメ

2018年5月10日の報道ステーションで、カゴメ株式会社のCEO 寺田直行さんが素晴らしいコメントをしていらっしゃいましたので、放送動画をリンクさせていただきます。

セクハラを考える、女性社員50%で業績最高益のカゴメ20180510

みなかみ町長が辞職否定 セクハラ疑惑「軽率な行動」

飲み会の際、団体職員の女性にセクハラ行為をした疑いが発覚した、みなかみ町の前田善成町長(50)は7日、報道陣に「私の軽率な行動で町民の皆さまにご迷惑をおかけしたことをおわびする」と陳謝した。進退については「町長の仕事を全うすることが私の責務だ」と述べ、辞職する考えがないと明らかにした。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000036-san-l10