セクハラ対策センター

ニュース

トップ > ニュース > 月別: 2018年1月

「彼女にしてやろうか」監督が女子部員にセクハラか

松山市の聖カタリナ学園高校女子ソフトボール部で、男性監督が部員に対して体罰やセクハラ発言をしていたことが分かりました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180118-00000018-ann-soci

<山形大パワハラ>工学部長「相談受け認識した」

山形大xEV飯豊研究センター(山形県飯豊町)で昨年3~5月、センター長の男性教授からパワーハラスメント(パワハラ)を受けたとして職員3人が相次いで退職した問題で、飯塚博工学部長は17日の定例記者会見で、「一昨年秋にハラスメント相談員に相談が寄せられ、ハラスメントに近いことが起こっているという感覚、認識は持った」と述べた。

 

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180118_53015.html

<パワハラ>愛知県議、元秘書に暴行 刑事告訴検討

愛知県の岩村進次県議(63)=自民党、一宮市選挙区=が、昨年12月の忘年会の席などで当時秘書だった男性(54)の顔を殴るなどの暴行を加え、全治1週間のけがをさせた。男性は「パワハラ以外の何ものでもない」と訴え、秘書を退職。県警一宮署や弁護士に相談し、刑事告訴を検討している。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000102-mai-soci