セクハラ対策センター

ニュース

トップ > ニュース > 月別: 2018年1月

「言い訳ばかりするな」校長の言動でうつ病に 那覇地裁、パワハラ認め622万円賠償命令

那覇市内の中学校で2011年10月、校長のパワーハラスメントでうつ病を発症して退職を余儀なくされたとして、当時教頭だった60代女性が同市に対し慰謝料や逸失利益など計約4752万円の賠償を求めた訴訟の判決が30日、那覇地裁であった。森鍵一裁判長は「行き過ぎた言動で、原告に強い精神的苦痛を与えた」と校長の違法な公権力の行使を認定。市側に対し、約622万円の支払いを命じた。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00202872-okinawat-oki

トップ女優らが賛同!セクハラ撲滅運動「Time’s up」とは?

1月7日(現地時間)に開催されたゴールデン・グローブ賞でも多くの俳優たちが「黒」い衣装を着ることで賛同を表明した「Time’s Up」。一体、どういった運動なの?

セクハラの撲滅を訴える運動「Time’s Up」は、今年の1月1日(現地時間)、女優や脚本家、映画監督、プロデューサーなど、約300人の映画関係者たちによって開始された。ハリウッドに蔓延するセクハラ問題に立ち向かい、一般の職場でセクハラ被害に遭った女性や男性たちを支援する運動で、敏腕プロデューサーのションダ・ライムズはじめ、ナタリー・ポートマン、エマ・ストーン、アメリカ・フェレーラ、ケリー・ワシントン、リース・ウィザースプーンなど、数多くの人気セレブたちがこの運動に賛同している。

 

http://www.cosmopolitan-jp.com/entertainment/celebrity/news/a7159/hollywood-women-times-up-sexual-harrasment-plan-180104-hns/

<福島県警>「初恋をテーマにポエムを書け」部下に暴力やパワハラ行為繰り返した2警官を処分

福島県警は26日、部下に暴力や初恋をテーマにした詩を書かせるなどのパワハラ行為を繰り返したとして、災害対策課の男性巡査部長(29)を停職3カ月、男性警部補(37)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした上、暴行容疑で巡査部長を書類送検した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000010-khks-soci

<秋田商セクハラ>元五輪選手で懲戒免職の教諭 保護者ら「氏名公表を」と批判

元五輪レスリング選手で秋田市立秋田商業高の横山秀和教諭(46)が、同校の受験生の母親に抱き付いて交際を迫ったとして懲戒免職になった問題で、市教委は「重大性と社会的な影響は理解している」としながらも、内規と被害女性への配慮を理由に教諭の氏名と年齢を非公表にした。だが、保護者や市議からは「重大な問題なら公表すべきだ」と批判の声が上がる。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000003-khks-soci

<秋田商セクハラ>受験生の母親にキス 元五輪選手の高校教諭を懲戒免職

受験生の母親にキスして交際を迫ったとして、秋田市教委は19日、市立秋田商業高の40代男性教諭を懲戒免職処分にした。市教委は氏名を公表していないが、関係者によると処分を受けたのはレスリング部監督で、五輪出場経験のある横山秀和教諭(46)。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000025-khks-l05

「彼女にしてやろうか」監督が女子部員にセクハラか

松山市の聖カタリナ学園高校女子ソフトボール部で、男性監督が部員に対して体罰やセクハラ発言をしていたことが分かりました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180118-00000018-ann-soci

<山形大パワハラ>工学部長「相談受け認識した」

山形大xEV飯豊研究センター(山形県飯豊町)で昨年3~5月、センター長の男性教授からパワーハラスメント(パワハラ)を受けたとして職員3人が相次いで退職した問題で、飯塚博工学部長は17日の定例記者会見で、「一昨年秋にハラスメント相談員に相談が寄せられ、ハラスメントに近いことが起こっているという感覚、認識は持った」と述べた。

 

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180118_53015.html

<パワハラ>愛知県議、元秘書に暴行 刑事告訴検討

愛知県の岩村進次県議(63)=自民党、一宮市選挙区=が、昨年12月の忘年会の席などで当時秘書だった男性(54)の顔を殴るなどの暴行を加え、全治1週間のけがをさせた。男性は「パワハラ以外の何ものでもない」と訴え、秘書を退職。県警一宮署や弁護士に相談し、刑事告訴を検討している。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000102-mai-soci