Re:fine

ニュース

トップ > ニュース

【2018~2019 年末年始休業のお知らせ】

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。 ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

休業期間:2018年12月28日(金曜日)~2018年1月6日(日曜日)

 

※ホームページからのお問い合わせにつきましても、2018年1月7日(月)以降順次ご連絡をさせていただきます。

岩沼市消防の男性職員をセクハラで懲戒処分 勤務中に女性職員2人に無理やり抱き付くなど〈宮城〉

宮城県岩沼市消防本部に勤めていた30代の男性職員が、女性職員2人にセクハラ行為を繰り返したとして、11月、懲戒処分を受け、依願退職していたことが分かりました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000003-oxv-l04

「客にセクハラ」元コンビニ店主、略式起訴 栃木・足利

今年9月、栃木県足利市のコンビニエンスストアで女性客に卑猥(ひわい)な言動をしたとして、足利区検は10日、栃木県迷惑防止条例違反の罪で、この店の店主だった男を略式起訴した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000551-san-l09

ハラスメント「許されない行為」 厚労省が報告書案を提示

厚生労働省は7日、労働政策審議会の分科会で、職場のパワハラやセクハラなどのハラスメント(嫌がらせ)について「許されない行為」と法律に明記する方針を示した。労働組合などが求めた「行為自体の禁止」は見送るが、来年の通常国会に提出する関連法案に盛り込むことを目指す。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000583-san-soci

「パワハラで適応障害」賠償請求 広告制作会社の元社員

パワハラと過重な仕事が原因で適応障害になったとして、長崎県内の40代男性が、勤務していた長崎市の広告制作会社側に損害賠償や未払い残業代の支払い、従業員としての地位確認などを求めた訴訟の判決が7日、長崎地裁で言い渡される。長崎労働基準監督署は2016年、男性の適応障害について、パワハラと過重な業務が原因の労災と認定している。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000010-asahi-soci

千葉市の消防士長、同僚女性にセクハラ行為し処分 「盛り上げるため」

千葉市消防局は30日、同僚の女性職員にセクハラ行為をしたとして、若葉消防署の男性消防士長(36)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。同消防署では11月に消防士の男(21)が女子高生に性行為を無理強いしようとしたとして強要未遂容疑で千葉県警に逮捕されたばかり。同局は男の処分も検討している。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010003-chibatopi-l12

部下や学生に暴言、女性隊員の体触る パワハラ・セクハラで海自1佐を減給

海上自衛隊下総教育航空群司令部(柏市)は30日、部下や学生に暴言を吐くパワハラや、女性隊員の体を触るセクハラをしたなどとして、同隊第3術科学校に所属する50代の男性1等海佐を減給30分の1(1カ月)の懲戒処分とした。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010004-chibatopi-l12

女性職員の部屋に合鍵で 職員を懲戒処分 横浜市消防局

横浜市消防局は30日、部下の女性職員にセクハラやパワハラ行為をしたとして、南消防署の男性消防士長(54)を同日付で停職12カ月の懲戒処分にした、と発表した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00031527-kana-l14

元川越市議問題 第三者委がセクハラなど5件認定、防止策提言

川越市の30代の女性職員が新井喜一元市議(69)からセクハラなどを受けたとされる問題で、市議会が調査を委嘱した第三者委員会(委員長・遠藤克弥東京国際大副学長)は29日、女性側が指摘した19件中、5件のセクハラとパワハラがあったと認定した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000027-san-l11

<山形県>教委、セクハラ後自殺の教諭に退職手当不払い決定

山形県村山地方の県立高校の男性教諭が女子生徒にセクハラ行為をし、その後に自殺した問題で、県教育委員会は27日、教諭の退職手当について支給制限処分(全部不支給)とし、管理監督責任として同校の50代男性校長を戒告の懲戒処分とした。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000007-mai-soci