Re:fine 〜働き続けられる職場作りを目指して〜

メンタルヘルス対策が必要な理由

トップ > メンタルヘルス対策が必要な理由

元気に働く人を増やすことが目的

予防の目的
  • メンタルヘルスの一次予防
     
  • 心身共に健康な状態で
    従業員が勤務すること
  • 業務能率があがる
    職場環境を作ること

企業に求められる厚生労働省の義務付け

産業医の選任

産業医とは、企業と契約し、従業員が健康かつ快適に働けるよう指導・助言を行う意思のことをいいます。労働安全衛生法により、50人以上の従業員が常駐する事業場では、産業保健や労働衛生などの専門的知識に通じた産業医を選任し、従業員の健康管理などにあたらせることが義務付けられています。

ストレスチェック制度

従業員50名以上の全事業場に対し、2015年12月1日から毎年1回、労働安全衛生法によるストレスチェック実施が義務付けられました。
企業はストレスチェックを法律(改正労働安全衛生法)が定める従業員に実施し、結果を労働基準監督署へ報告しなければなりません。

近年、『仕事のストレス』から鬱やPTSD等による『精神疾患の労災認定者』が増加傾向にあり、過労死対策、メンタルヘルス対策など、働く人々が多様化することに伴い、メンタル不調を未然に防止をすることが重要課題となっています。
心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)及びその結果に基づく、面接指導の実施を事業者に義務付けること等を内容としたストレスチェック制度が新たに、平成27年12月から導入され、面接指導業務が産業医の新たな職務に追加されるなど、産業医が対応すべき業務が増加してきています。